読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッション失敗!

1週間でZJは無理でしたwサーセンw
XXすら出せなかったからなー。僕にしては近年まれに見る勢いで練習したつもりけど、まだまだ甘かったということだわね。悔しい。

今日は打ち切りは少ないけど、苦手語句練習とかに力を入れてみた。他の配列では全然使ってないけど最適化のパターンを指に覚え込ませるにはよい練習だと思う。


というわけで今日はちょっと後ろ向きに気づいた点。

左手の負担が大きい

AZIKでは「ai」にQを使ったり「ei」にWを使ったり、「しゃしゅしょ」「ちゃちゅちょ」にX、Cを使ったりと、Qwertyではそれほど頻繁に使わない左手キーの役割が増え、負担が大きくなっている。実際、利き手じゃないこともあってか左手のほうがかなり疲れる。DvorakベースのACTはどうなの?と一瞬思ったけど、明らかにACTの方が左手の使用頻度は高いよね。

明らかにQwertyより遅くなるパターン

タイプウェルの登録単語から。「でぃ」「てぃ」は左手の同指打鍵になるので明らかに遅くなる。「ぃ」を「li」で打つ手もあるけど今度は打鍵数が増えるのでやっぱり遅い。

  • ディスク: dcisuku < dhisuku
  • ティー: tgi- < thi-

「ん」を一文字で出す場合はは左手小指のQ単独かNの同指打鍵なので「あん」が特に打ちづらい。また、「ainn」で終わる単語はQの同指打鍵かNの同指打鍵になるので確実に遅くなる。

  • アンケート: aqke-to <(?) annke-to < anke-to
  • ワイン: wqq < wainn < wain


まだまだ他にもあるはずので見つけ次第メモしていく。でも、これらは全体のごくごく一部で大局的に見れば効率が良くなっていると信じたい。