読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気を読んでブルースクリーンになるPC

鉄のラインバレル21話を見ているときのこと。

社長:JUDAの社長室はもっとも機能的かつ先鋭的なインターフェースを備えている。この船のブリッジにこれ以上ふさわしい環境は存在しないんだよ。
早瀬:とか言って―。本当はおっさんお趣味なんじゃねーの?

と突っ込まれたところで社長(のAIもどき)は

pppppppp*1といつもブルースクリーンになる瞬間に聞くようないたたまれないループサウンドを響かせながらエラー画面を出してフリーズ。

秘書:都合が悪くなるとすぐフリーz zzzzzzzzz


あれ?何で秘書さんもフリーズしてんの?



って思った瞬間!





ピチュー








PC本体が空気を読んで

まさかのブルースクリーン


こいつはできる子だわ。感心した。

*1:これを何という擬音で表現したらいいのかわかんない><