パッキング完了


Object not found!


上のサイトからファイルパッキングクラスを拝借して使わせていただきましたが、微妙にバグ持ちでした。使い方が間違っているだけかな〜と30分くらい悩んだのですが、結局は配布されていたソースに問題が見つかりました。


他人が作ったもの(C標準関数やC++STL、MFC以外)を自分のプログラムに組み込むっていうのは初めてでしたが、やはりソースを見れるのが一番ですね。バグを発見したときにソースなしでは自分で直すこともできないし、サポートが終了してしまえばもはやどうにもできないですしね。


ゲームであと作るべきところは・・・っと、今のところできなくても問題はないけど、jpegファイルを表示できるようにしたいなぁ。パッキングした1つのファイルが5MBくらいあるのはちょっと(^^;